※2014年4月より旧バージョンについては、マイクロソフトのサポートが終了しましたので、Office2007以降をお使いの方を想定してご説明します。
ワード・エクセル上における画像の扱い、ソフトウェアそのものの操作方法は、それぞれのヘルプなどをご参照ください。
また、バージョンなどにより若干の画面仕様などに違いがあります。
※当ページは、Office2010にてキャプチャーしております。

電子印鑑挿入の手順

ご用意いただく電子印鑑のタイプ:PNG版

1.挿入タブを選択

上部メニューから [挿入] タブを選びます。

2.テキストボックスを作成

テキストボックスを作成します。
電子印鑑の画像が十分入るサイズに調整をしてください。

3.図を選択

テキストボックス内にカーソルを置いたまま挿入タブから [図] を選びます。

4.電子印鑑ファイルを指定

挿入したい電子印鑑の画像ファイルを選びます。

5.電子印鑑を任意の場所に配置

テキストボックスごと任意の位置へ移動してください。

6.電子印鑑画像のサイズ調整

電子印鑑画像の挿入が確認できれば、電子印鑑画像を任意のサイズに調整します。

  • ※標準サイズをお選びいただければ、概ね印鑑らしいサイズになるよう(弊社環境にて)にしておりますが、お好きなサイズに調整してください。
  • ※画像を拡大すると印刷時に画像が荒くなる場合があります、標準サイズで使った場合より拡大する場合は、高画質サイズをお使いください。
  • ※シフトを押しながら拡大縮小をすると縦横比率を固定したままサイズの変更が可能です。

7.図形の書式設定

テキストボックスのフチをクリックし、アクディブにします。
その状態で、右クリックから [図形の書式設定] を選んでください。

[塗りつぶし]を“ぬりつぶしなし"に。
[線の色]を“線なし”に指定してください。

同じく、右クリックから [文字列の折り返し] を選んでください。
こちらは、“前面”を指定してください。


お送りするPNG画像は透過処理がしてあります。
文字の上に配置しても、文字が透けて見えます。

プリンターやPDF化の環境などによりお使いわけいただけるように標準色と濃色の2種類をご用意しております。
必ずサンプルを利用しお試しいただいてからご注文くださいませ。


上記リンク先にサンプルをご用意しております。
サンプル画像の上にマウスをおいて右クリックで画像を保存してください。

電子印鑑挿入の手順

ご用意いただく電子印鑑のタイプ:PNG版

1.挿入タブを選択

上部メニューから [挿入] タブを選びます。

2.図を選択

挿入タブから [図] を選びます。

3.電子印鑑ファイルを指定

挿入したい電子印鑑の画像ファイルを選びます。

4.電子印鑑を任意の場所に配置

任意の位置へ移動してください。

5.電子印鑑画像のサイズ調整

任意のサイズに調整します。

  • ※標準サイズをお選びいただければ、印鑑らしいサイズになりますが、お好きなサイズに調整してください。
  • ※画像を拡大すると印刷時に画像が荒くなる場合があります、標準サイズで使った場合より拡大する場合は、高画質サイズをお使いください。
  • ※シフトを押しながら拡大縮小をすると縦横比率を固定したままサイズの変更が可能です。

お送りするPNG画像は透過処理がしてあります。
文字の上に配置しても、文字が透けて見えます。

プリンターやPDF化の環境などによりお使いわけいただけるように標準色と濃色の2種類をご用意しております。
必ずサンプルを利用しお試しいただいてからご注文くださいませ。


上記リンク先にサンプルをご用意しております。
サンプル画像の上にマウスをおいて右クリックで画像を保存してください。